ごろた石の幸せ

うつ病の末たどりついた静かな場所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

目を凝らして 耳を澄まして

「そこにいるの?」と

懐中電灯で照らすほど

ホタルの光は 見えなくなる


「どこにいるの?」と

ガサガサと探しまわるほど

虫の羽音は 聞こえなくなる


街に明かりが灯り

夜でも遊べるようには

なったけれど

三等星の幽かな光は

いつの間にやら 見えなくなった


事件が起きて みんな騒いで

「もっと光を!」と叫びながら

見失っていたものが 見えていることに

気づくこともない


こんなときだからこそ

口を閉じ


目を凝らして 耳を澄まして

微かなものが発している

大切なメッセージを

静かな心で 受け取ろう



スポンサーサイト
自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

足りないものは

足りないものは

要らないもの

本来は そこにないもの


足りないものは

足りているもの

何かで 代用できるもの


足りないものは

導くもの

心の底が 求めている

答えの在りかを 示すもの


自分で 気づけぬ

自分の 姿を

足りないものが 教えてくれる





自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |

幸せは富士山の形に

人々は

より高いものや より速いものに憧れ

前へ 前へと 進みたがるが

前ばかり見て 進んでいる人は

しばしば 自分が開けたドアを

閉めることさえ忘れてしまう


「おい、寒いから閉めろよ」と 

文句をいってくる人を

進路を邪魔する不届者と 敵意を抱き


「そんなに早く行かないで」と

ペースダウンを促す人を

足を引っ張る厄介者と 煙たがる


絶対に倒れる筈がないと

信じて造った 背の高い建物は

予想外の出来事に もろくも崩れ

虚しい瓦礫の山と化した


切り立った崖が

雨水や 木の根に浸食され

崩れることで 安定化するように


恒久的な秩序を 積み上げるには

上へ押し上げる 造る力と

横へ押し広げる 崩す力

どちらも とても大切なのだ


自分が上にいくために

まずは 周りを引き上げて

周囲より少しだけ高い

を繰り返したら

その斜面に 植物だって生えるし

動物だって暮らしていける


格差の少ない 平和な社会は

隣の人と大差のない つまらぬ世界にも思えるけれど

遥か遠くの人達からは

雄大に そびえる 富士山のように 見えるんだ



 

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。